作務衣のTPO~作務衣百問百答2~

ちぢみ織り作務衣この作務衣はちぢみ織り作務衣です

数えたら100を超しますが、皆様からいただいた質問を「百問百答」としてまとめました。私の主観の入った箇所もございますが、少しでもお役にたてば幸いです。

□目次
問9作務衣(さむえ)って、いつ着たらいいの?
問10作務衣(さむえ)って、どこで着たらいいの?
問11作務衣(さむえ)って、寝巻きにしてもいいの?
問12作務衣(さむえ)って、仕事の時も着れるの?
問13作務衣(さむえ)って、家事の時も着れるの?
問14作務衣(さむえ)って、ガーデニングの時に着てもいいの??
問15作務衣(さむえ)って、おでかけには無理?
問16作務衣(さむえ)って、家でお客様をお招きする時には?
問17作務衣(さむえ)って、部屋着なの?外着なの
問18作務衣(さむえ)って、ユニフォームにもよさそうね?
問19作務衣(さむえ)は、入院した時に着てもいいの?
問20作務衣(さむえ)を、蕎麦打ちの時に着たいけれど大丈夫?
問21作務衣(さむえ)って、犬の散歩に来ていってもいいみたいですね?
問22作務衣(さむえ)って、お祭りに着ていける?

■作務衣のTPO

問9作務衣(さむえ)って、いつ着たらいいの?
お時間帯はお好みでどうぞ。休日やくつろぎの時間に特におすすめです。季節的には、基本的に春夏秋冬、一年中ご着用いただけます。夏は一枚で、冬は下に重ね着をしてくださいね。

問10作務衣(さむえ)って、どこで着たらいいの?
お好みでどの場所でもどうぞ。お客さまより、いただくご感想では、「おうちで着ている」方が多いようですが、「仕事着」でご着用の方も、多いようです。また、趣味の蕎麦打ちや、陶芸の時に、と云われることも多いです。作務衣を着て、映画を観にいきました、というお声や、いつも着ています、というお声もいただいております。

問11作務衣(さむえ)って、寝巻きにしてもいいの?
もちろんかまいません。お洗濯を繰り返すたびに、しっくりと肌になじんでまいりますので、気持ちの良い眠りをご体験されることと思います。また、作務衣姿は、だらしなく見えませんから、休日などは、着替えずにそのままでも大丈夫。不意のお客様にも、作務衣姿のままで、慌てずにご対応できますよ。

問12作務衣(さむえ)って、仕事の時も着れるの?
職種にもよりますが、お仕事の時にご着用の方も、たくさんいらっしゃいます。陶芸を本業とされる方や、文筆業の方、鍼灸師の方など。「和」の香りと、着やすさが好まれるのではないかと、思っております。

問13作務衣(さむえ)って、家事の時も着れるの?
はい。大丈夫です。特に、女性用の袖を絞ったタイプは、家事の時に、袖口が邪魔にならず、おすすめです。

問14作務衣(さむえ)って、ガーデニングの時に着てもいいの?
はい。大丈夫です。特に、女性用の袖を絞ったタイプは、ガーデニングの時に、袖口が邪魔にならず、おすすめです。

問15作務衣(さむえ)って、おでかけには無理?
時と場合によりますが、堅苦しくない場所で、気のおけない方たちとのおでかけなら、大丈夫です。映画館やご旅行に着ました、というお声もいただいております。

問16作務衣(さむえ)って、家でお客様をお招きする時には?
お客さまにもよりますが、気のおけない方なら、大丈夫です。作務衣のTPOは、着られる方の自由なお気持ちと良識で決められてもよいのではないでしょうか。

問17作務衣(さむえ)って、部屋着なの?外着なの?
どちらでも、お好みでどうぞ。

問18作務衣(さむえ)って、ユニフォームにもよさそうね?
はい。そういうご用命も、たくさんいただいております。

問19作務衣(さむえ)は、入院した時に着てもいいの?
はい。ご療養中のおとうさまに贈られた、というお声もいただいております。体をしめつけませんし、前あきなので、検査の時も、さっと脱ぎ着できて良いようです。(ご療養中のみなさまが、一日も早く、ご快方に向かわれますように。)

問20作務衣(さむえ)を、蕎麦打ちの時に着たいけれど大丈夫?
ありがとうございます。実際にお使いのお客さまも、たくさんいらっしゃいますようです。

問21作務衣(さむえ)って、犬の散歩に来ていってもいいみたいですね?
ありがとうございます。直接関係はございませんが、作務衣の落ち着いた雰囲気は、わんこさまも喜ばれるのではないでしょうか?

問22作務衣(さむえ)って、お祭りに着ていける?
はい。ぴったりです。粋な作務衣姿に、注目を浴びると思いますよ。

samue作務衣一覧
https://www.e-miyata.com/category/34.html

jinbei160甚平一覧
https://www.e-miyata.com/category/31.html

■作務衣百問百答の全記事はこちら↓
http://blog.e-miyata.com/?cat=35