作務衣をおすすめする理由

【和装=着物】と考える方も多いのではないでしょうか・・

着物は、確かに着こなすには、
帯の結び方や、着付けを学ぶ必要があります。

着付けをお願いするという方法もありますが、
毎回着付けに行くというのも困難ですよね。

やはり、敷居が高い・・

さらに、締め付けで苦しい・・

そんなイメージを持たれている方も多数いらっしゃいます。

もちろん、着物の素晴らしさは、言うまでもありません。

私自身、着物は大好きでございます(^^)

布地 ・ 和柄 ・ 帯 ・ 帯締め ・・

観ているだけで、心躍ると言いますか、
懐かしいようで、新鮮に感じます。

しかし、あまりにも奥が深いので、
まずは、「着れるようになりたい!」と、

学生時代に着付けをほんの少し学んでおりました。

もちろん約十年ほど前の話なので、
役に立ったのは、浴衣の着付けぐらいでしょうか・・

そんな時に、出会ったのが作務衣(さむえ)でございます。

こんなにも、和装の面持ちながら、
さっと着れて、ゆったりとした着心地が楽チン♪

さらに動きやすく、家でお洗濯できる!!

もちろん、着物のように帯締めなど、
特別なものも用意しなくて、いいんです。

インナーに、Tシャツ(肌着)1枚着て、さらりと羽織る・・

それだけで、さまになりますよ!

だからでしょうか、作務衣を1度着た方は、
「ずっと着るようになりました」という、
ありがたいお声までいただいております(^^)

宮田織物の作務衣は、【自社生産】

企画・織り・デザイン・縫製まで全て、自社で生産しております。

ぜひ一度、お試しになりませんか??