作務衣(さむえ)の着こなし

作務衣の着こなし


作務衣に合わせる小物は何がいいですか?
そんな質問をよくいただきます。
結論からいうと、何でもいいんですよ。
作務衣は型にとらわれない自由な衣服です。
好きな時に好きな小物をあわせて下さい。

でも確かにとても良く似合う組み合わせはあります。
ここではそんな例をご紹介致します。
そこからどんな組み合わせに発展させていくかは、
お洒落の腕の見せ所ですね。

■基本の着方は‥
きりりと着こなして。。。
さらりと一枚で素肌に着てみましょう。
足元は下駄履き。
手には巾着を下げて。
ほら、とてもしっくりします。

余談になりますが、
カラコロと下駄の鳴る音は風流でとてもいいですね。

巾着はお好みで紬織りでも印伝でも、革製でも。
作務衣には上着とパンツにポケットがついていますが、
ポケットがぱんぱんにふくらんでいるのは
あまり見かけがいいものではありません。
身のまわりのものは巾着にどうぞ。

■カジュアルに‥
Tシャツとスニーカーの作務衣姿
Tシャツと作務衣
作務衣とスニーカー
次はカジュアルな着方の提案です。
Tシャツを下に着て、
足元は洗いざらしの白のスニーカーを合わせます。
白い色が目にしみるようです。

Tシャツは間違っても衿の伸びた物はいけません。
きちっと襟元のつまった清潔感のある白のTシャツ、
これに限ります。

バリエーションとして、
昔の書生さんのように、
スタンドカラーのシャツもきりっとして素敵です。

そしてスニーカーは白!
これが一番素敵です。
洗って洗っていい具合にくたびれた真っ白なスニーカー。
こなれた感じに着こなせます。
また、意外とアウトドア系のサンダルも人気です。

またお客様から教えていただいたのですが、
作務衣にはバンダナもとても良く似合います。
渋い作務衣に、手拭をバンダナ風に
あわせるのも、お洒落です。

■上級者には‥
作務衣と下駄
ぐっと風流に襦袢の衿をのぞかせる、
着物のような着こなしも洒落ています。
襦袢の衿のシルクの光沢が装いをの格を上げます。

その時は足元は下駄か雪駄がおすすめです。
作務衣の通好みの着こなしです。


いかがですか?どんな着こなしでも一番大事なのは
背筋がぴんと伸びていること。
あなたも颯爽と着こなしてください。

みなさんの着こなしを教えてくださいね。