型を知り型を破る

宮田織物の全体朝礼

台風の動きが怪しい月曜日、
本日の担当は製品課のアシガさん。

テーマは「型を知り型を破る」。

「万葉集の巻十七以降は大伴家持の
歌日記を元に編纂されたといわれ、
宮廷行事の前例として記録された
のではないか、とは、万葉学者の上野誠氏の推測。

宮廷行事は前例を外れると死罪と
なることさえある。家持は子や
孫に、様々な場面での振る舞いを
教えようとしていたのだろう。

一方で前例に縛られない事も大切。

宴席で、型にはまった歌では
つまらない。この時に型を
壊せれば、個性は輝き、
一目置かれる存在にもなれる。
万葉集にはそうした型破りな歌もある。

前例を熟知し、型を疎かにせず、
型を学ぶ事で更なる飛躍が生まれるだろう。

~職場の教養6月号より抜粋~」

アシガさんの所感発表です。

「学んだ事を違うやり方にできる
よう生かしていきたいと思う。」

アシガさんは前工程の裁断を担当
しています。裁断がスムーズに
いかないと、後の組み立てや
仕上げの工程の全てに影響が
出てしまう大事な工程です。

以前はベテランのスタッフばかり
でしたが、アシガさんはベテラン
から学び、しっかり自分の職務を遂行しています。

まさに「型型を知り型を破る」。
アシガさん、ありがとう
ございます。これからも
よろしくお願いします。

続いて営業の中村課長からは、
前月度の報告。「厳しい現状だが
コツコツやる。みなさんの協力を
よろしくお願いします。

イケヒコさんの売り出しで感じた
のは、暑い中の社員さんの楽しさ。
自分達が楽しめばお客様も楽しい。
我々も『大汗かいて楽しもう!』」

職布課の中村主任より現状報告。
アメリカ生地輸出第二・第三弾。

管理部の國武部長クリーンDAY
のねぎらい。またこれは筑後市
環境パートナー事業の一貫でもあること。

▼筑後市環境パートナー事業
http://www.city.chikugo.lg.jp/shimin/_18799/_2084.html

宮田織物は筑後市で産声を上げ、
筑後市で育った会社です。
大好きな筑後市に少しでも
ご恩返しできたら、こんなに嬉しいことはありません。

微力ではありますが、
これからも頑張ります。

▼この心地よさをお伝えしたい
https://www.e-miyata.com/category/373.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。