ほととぎす再来?【杜鵑甚平再入荷】

台風の大雨が各地で続き、
ここ筑後も今日は大雨です。
どうぞ、どちらさまも
大過ございませんように。

今日は再入荷のお知らせです。
杜鵑(ほととぎす)甚平の
グレー色が入荷しました。
宮田織物の杜鵑甚平
▼杜鵑(ほととぎす)甚平
https://www.e-miyata.com/item/1061.html

この杜鵑甚平は、なぜ杜鵑か?

それは、この和木綿織物が、
杜鵑草の若葉の斑点模様を
板締め糸で表現しているから。

※板締め糸とは、二枚の板で
ぎゅっと挟んで防染する。
その原理を応用して染めた
糸の事です。一本の糸で、
染まった部分と染まらない
部分が出て、織ると非常に
面白い味わいが出ます。

さて、甚平の話に戻ります。

クーラーのほどよく
きいた部屋で
のんびりお昼寝

お風呂上りに
冷えたビールを
きゅっと一杯

などなど、梅雨のじめじめを
吹き飛ばす爽快な時間。

こんな時の装いは、
リラックスできる甚平をぜひ!

▼夏のくつろぎ着の決定版、
甚平(じんべい)
https://www.e-miyata.com/category/31.html

宮田織物の甚平は、
自社で織ったオリジナルの
和木綿(わもめん)素材を使っています。

肌ざわりのよさ、
着心地のよさ、
風の抜け感など…

梅雨の時期、そして夏を気持ちよく
過ごす為に特別に開発した和木綿は
いずれも良質の天然素材の綿100%。

綿は「天然の空調」とも言われ
吸湿性、通気性に優れています。

また水分がたまると気化熱を放出
するため、汗を適度に吸い取り、
涼しく感じます。

オリジナルの和木綿は、この綿の
性質を生かし、さらに織りを
工夫することで、肌にさらりと
やさしげな風合いに仕上げました。

生地織りから縫製まで、全て
自社で、丁寧に仕立てています。
ですからもちろん、日本製。

お気に入りのくつろぎ着が
あると、ビールもなお美味しくなりますよ。

梅雨、そして猛暑が予想される
今年の夏、和木綿の甚平で
涼やかに過ごしてくださいね。

▼杜鵑(ほととぎす)甚平
https://www.e-miyata.com/item/1061.html

▼夏のくつろぎ着の決定版、
甚平(じんべい)
https://www.e-miyata.com/category/31.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。