社内木鶏会

暦の上では秋なのに猛烈な残暑の
昨日、木曜日は社内木鶏会。

テーマ朗読は山口さん。落ち着いた
読みっぷりでした。

そして「維新する」というテーマで
いつものように小グループに
分かれて感想文を発表しあいました。

たくさんの楽しい、面白い、
そして素晴らしい発表がありました。

さて、グループ発表の後は、
大売出し委員会のメンバーから
報告発表です。

宮田織物の社内木鶏会

大売出し後のアンケートを
踏まえて、さらにアイディアを
募集します、ということでした。

今年の大売出しは大雨の直後にも
関わらず、たくさんのお客様に
ご来場頂きました。

本当にありがたく、また委員会の
みんなの頑張りのおかげ、そして
協力したみんなのおかげだと思います。

冬の大売出しに向けて、
みんなで頑張っていきましょう。

宮田織物の社内木鶏会

実習生の作文朗読はラさん。
(写真が小さくてごめんなさい)。

ラさんの家は花作りの農家で、
蘭やバラなど、美しい花たちが
咲き乱れているそうです。

今回、私の入ったグループ名は朝顔。
みなさんから、とても良い発表が
出たのですが、特に印象的だった
のはエサキさんの話です。

維新とは絶えざる創造、という
文章から、当たり前にやっている
ことを見直そうと思い、毎朝の
朝礼を改善した、ということでした。

「実践はすごいね」と言うと、
「能地課長が場を作ってくれた
からです」という答え。

エサキさんのこの答えにも、
能地課長の行動にも、そしてこの
改善提案を実践してくれた
企画のみんなにも感動しました。

この好循環が社風になればいいな、
と思います。そして、きっと
なると信じています。

▼秋、まずはこの一枚。作務衣
https://www.e-miyata.com/item/498.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。