磨きをかける

宮田織物の全体朝礼

三連休からの暑さが続く月曜日、
本日の担当は企画のキタオカさん。

テーマは「磨きをかける」。

「通勤靴を買うために近所の靴屋を
訪れたJさんは、履いている靴を
無料で磨きますと店員から言われた。

新しい靴を買ったら捨てるからと
断ったが「まだ十分に活躍します」
と、店員は一所懸命に磨いてくれ、

その靴の特徴や手入れ方法を丁寧に
教えてくれた。靴をわが子の様に
思う気持ちが伝わってきた。

次回もこの店を利用しよう、そう
決めたJさんだった。
取り扱うものに愛情を込めよう。

~職場の教養10月号より抜粋~」

キタオカさんの所感発表です。

「仕事柄、定規やミシンやたくさんの
ものを使うが、商品に愛情を込める
ように道具も愛情を持って扱う。」

キタオカさん、ありがとうございます。

実際に、手入れした道具と手入れして
いない道具とでは、仕事の仕上がりが
変わってきます。

また、手入れの行き届いた道具は、
気持ちを引き締め、高揚させてくれる
効果もあります。(美しく並んだ
道具たちを想像してみて下さいね。)

道具を大切にする気持ちが、良い
ものづくりにつながり、お客さまの
笑顔につながり、それは私達の笑顔を生む。

道具を大切にすることで、良い循環が
生まれるのですね。キタオカさん、
ありがとうございます。これからも
一緒に頑張っていきましょう。

営業のシモガワさんからは現状報告。
「来週19、20日の現物展を控えて、
綿入れ袢天や別注品もあります。
皆で協力していきましょう」

旅行委員会のエサキさんから旅行の
出欠変更は早めに等、お知らせ色々。
委員会のみなさん、お世話になります。

製品課の佐野主任からは現状報告。
服と綿入れ袢天のラインに分かれ、
みな、納期遵守で頑張っています。

工場長からは先週のベトナム出張の
報告と、実習生制度が変わること、
22期生は3人入社のお知らせなど。

ここで、19期生の表彰もありました。
ベトナム人実習生19期生
ホアさん、タムさん、ラさん、フェンさん、ヒェンさん皆いい表情

婦人・子供服の技能検定三級の
試験にみな、無事に合格しました。
頑張った結果が出ましたね。
おめでとうございます。

私からは、工場見学の話を
しましたが、長くなるので、
またの機会に。今週も頑張ります。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html