[和木綿] 久留米絣ではありません

[和木綿] 久留米絣ではありません

宮田織物全体朝礼

久留米絣ではありません

宮田織物が生産する布地は、
久留米絣ではございません。

宮田織物が生産する布地は、
久留米絣がルーツの
オリジナルの和木綿(わもめん)です。

以前から、
「宮田織物の商品は久留米絣ですか?」
というお尋ねをよく頂きますが違います。

しかし、起源は久留米絣にあります。
宮田織物の歴史を見ていただくと
ご理解いただけると思います。

1913年創業

宮田織物は、大正2年創業。
有馬木綿の里、福岡県筑後市で、
創業者である宮田サカヱが
久留米絣の機織り(はたおり)を始めました。

宮田織物は、久留米絣の
機屋(はたや)から始まったのです。

昭和23年、現会長の宮田智が、家業に従事。
終戦後の混乱期で、久留米絣の材料の原綿の
軍事統制の解除はその前年でした。

昭和28年、宮田織物有限会社を設立。
家業から企業への転換の始まりです。

よって、大正2年~昭和30年代までは、
「宮田織物の商品は、久留米絣」だったのです。

昭和33年~

小幅(約36cm)織物の久留米絣の製造に加え、
時代の変化に合わせ、
広幅(150cm)織物の織機も導入し、
作業着の縫製にも着手。

現代にあわせたものづくりを行ない始めました。
生地織りから縫製まで一貫生産体制も、
ここから始まりました。

昭和40年~

わた入れはんてん製造開始。
昭和48年のオイルショックで、
飛躍的に需要が伸びました。

最盛期の昭和60年代には、
約50万枚の生産を誇っています。

平成~

平成に入った頃から、
オリジナル素材「和木綿(わもめん)」を使用した、
わた入れはんてんや、婦人服を製造。

1998年オリジナル婦人服ブランド「彩藍」生産開始。

2018年awより、「haori」生産開始。

まとめ

宮田織物の素材は、
久留米絣ではありません。
久留米絣がルーツの
オリジナルの和木綿(わもめん)です

スタートが久留米絣ですから、
和木綿のルーツは久留米絣です。

現在では、久留米織りと呼ばれる分類に入ります。

久留米絣と同時代に栄えた
久留米紬(つむぎ)がおとうさん、
久留米絣がおかあさん

例えるなら、和木綿はそんな感じです。

さらに、

  • 材質
  • 風合い

は、久留米紬や久留米絣より、
バラエティに富んだ
自由度の高いものになっております。

けれども、久留米絣がルーツであるという
根っこの部分は、しっかりとあり、
綿を主とする天然素材に
こだわる理由もその一つです。

木綿織物のさまざまな表情、風合い、手ざわり。
ぜひ、味わってみてください。