宮田織物全体朝礼

写真は実家の八重桜です。

ソメイヨシノの静かな美しさとは
また違う、賑やかさな美しさで、
毎年楽しませてもらっています。

さて、宮田織物のオリジナル素材の
和木綿(わもめん)は、名前の通り、
綿(めん)素材です。

そして、一口に綿素材といっても、
いろいろな表情があります。

細い糸で密に織って、しなやかな
光沢を出したものもあれば、
太い節のある糸でざっくりとした
味わいのものもあります。

また、経糸や緯糸(ぬきいと=横糸)は
染めていない糸を仕入れて、うちで
色を指定して染めてもらいます。

先に染めた糸で織るから先染め
(さきぞめ)生地というのですが、
今の季節は、咲き染め生地と
いいたくなったりしますね。

糸を変え、柄を変え、織りを変え、
たくさんの和木綿が咲き誇る、
反物置き場は百花繚乱の趣です。
(ちょっと言い過ぎでしょうか。)

桜にも、ソメイヨシノ、八重桜、
河津桜など、いろいろなものが
あるように、和木綿にもいろいろな
ものがあり、

桜を愛でるように、和木綿も
愛でていただけたら嬉しい。

そのためには、もっともっと
ものづくりにがんばろう、
そんなことを思う春の一日でした。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼春爛漫の季節に、作務衣
https://www.e-miyata.com/category/34.html