[haori] 宮田織物の新しい「haori」のご紹介

[haori] 宮田織物の新しい「haori (羽織 はおり)」のご紹介

haoriの誕生と、わた入れはんてんの歴史

宮田織物は、
「わた入れはんてん」を作り始めて
50年以上の歴史があります。

生地を織っている会社というよりも
「わた入れはんてん」を作っている会社
という印象が強いかも知れません。

昭和48年のオイルショックで
飛躍的に需要が伸び、
最盛期の昭和60年代には
約50万枚の生産を誇りました。

綿素材で静電気が起きにくく、
一枚一枚手とじで縫われている
宮田織物の「わた入れはんてん」は、
長い間たくさんの方に愛されています。

そして、最近では「わた入れはんてん」で
宮田織物のとりこになり、冬の防寒着としてだけでなく、
「外出着としても着用できるものが欲しい」という声を頂き、
はんてんの形をベースにロング丈の
「中わた無しはんてん(羽織)」を作りました。

従来の冬の防寒着としてだけではなく、
端境期にも着ていただけるよう、
裏地を付け、丈も少し長めに
コートのような感覚でご着用頂けます。
▼下写真(左)羽織(右)はんてん

そして、今回は、
もっともっと年間を通して着用しやすく、
様々なシーンで活躍し、
宮田織物の生地の良さを
より感じてもらえるモノを作りたい
という思いで、
ショート丈・一重(裏地なし)の
新しいhaoriを作りました。

「わた入れはんてん」の形や先代からの想いを残しつつ、
今のライフスタイルに合うものを考えて
デザインされた新しいhaoriです。

新しい「haori」の特徴

今までの「粋シリーズ」の羽織とも
「和モダンシリーズ」の羽織とも異なる、新しいhaori。
様々な特徴がございます。

  • 従来の羽織から身幅をスリムに。より、軽やかな印象に。
  • 衿元は、すっと首に沿わせる様に羽織ることで、衿前の直線ラインがキレイに見えてGOOD!
  • 従来の羽織より袖のボリュームをスッキリさせつつ、緩やかな丸みを残したフォルムに。
  • 前は紐で結んでもよし。結ばない派の方は、紐を収納して着用できます。
  • 表・裏の両側にポケットが付いています。
  • 動きやすさを重視して、丈をショートに。

(左写真)内ポケット:左右あります。長財布も入るほどの大きな内ポケット。
(右写真)外ポケット:左右あります。デザインを邪魔しない脇の縫い目利用ポケット。

(上写真)羽織紐:使用しない時は、内側にくるんと差し込むことで、ひもが邪魔になりにくい仕立て。

(上写真)品質表示タグ:デザインを邪魔しないように、内側のポケットの中に縫い付けております。

「haori」更なる進化

haoriは、まだまだ進化を続けます。

2018年awに展開が始まったhaoriですが、
お客様の声を反映し、
日々進化を続けています。

▼2019年SS
新しく「long」が登場!!
uneune haori longは、
おかげさまで完売致しました。
ありがとうございました。

▼2019年aw
2019awの新作から、従来のhaoriをさらに見直し、
より現代風なサイズ感に進化。
人気の「long」の新作も。

  • 身丈2cm 長く
  • 裄丈3cm 長く
  • 胸囲8cm 小さくなりました。

これからも進化を続けます。

宮田織物のモノヅクリ展【#ハオリ】

2018年9月17日(月)福岡市にある「ハコビル・ハコ町屋」からスタートした
宮田織物のモノヅクリ展#ハオリ

111枚の新しいhaoriが一堂に集まり、
たくさんの方に見ていただきました。

ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました!!

新しい「haori」は、工場直営オンライン通販サイト

新しい「haori」をご覧になりたい方は、
工場直営のオンライン通販サイトをご覧ください。

オンライン通販サイトでは、各シーズン毎に
新作のhaoriも随時入荷しております。