1913年創業 宮田織物

わた入れはんてん、作務衣、甚平、haori、婦人服の企画製造販売。

大正二年、久留米絣の里の筑後市で
産声を上げた宮田織物は、
平成25年4月に創業100周年を迎えました。

宮田織物が最も大切にしていること、
それは、ものづくりです。

一本の糸を選ぶことから始め、
デザイン、織り、裁断、縫製まで、全て自社生産。

特に冬場に人気の「わた入れはんてん」は、
一枚一枚、手縫いで仕立てていきます。

伝統から学びつつ、
新しい知識を得ながら、
オリジナルの製品を生み出す。
この温故知新の姿勢が宮田織物のものづくりを支えています。

大正二年の創業時から、
連綿と受け継がれてきたものづくりの技術。
それに裏打ちされた宮田織物でしかできない独創的なデザイン。

わた入れはんてんをはじめ、
婦人服、作務衣、甚平などの製品にも
そのこだわりはしっかりと反映され進化し続けています。

日本製

新着情報

モノづくりについて 

宮田織物は、布地のデザインから生地織り、
商品企画から裁断・縫製まで、
自社で行なう全国でも珍しい生産体制を続けています。

<宮田織物のモノづくりの流れ>

【1】
織物デザイン
・織組織設計
・織物デザイン
【2】
織物生産
・整経
・織り
[動画]糸から織布へ
【3】
商品デザイン
・商品デザイン
・パターン設計
【4】
商品生産
・裁断
・縫製
・わた入れ
[動画]わた入れはんてん
【5】
販売
miyataorimono-website 通販サイト
直営店舗
・通販
・卸販売

<読み物:モノづくりへの歴史とこだわり>

宮田織物 製品一覧

わた入れ半纏作務衣甚平haori婦人服木綿織物布地の企画・製造・販売。

製品情報

<作務衣>

<わた入れ半纏>

 

残糸を活用したコラボ商品【軍手工房 株式会社イナバ×宮田織物】

「いま、宮田織物ができること。」を考え、弊社の残糸を活用した新たな商品。

宮田織物の布地作りに使用している上質の綿の糸は、
織物の品質を維持する為に、年間に多くの
「使えるはずなのに、使えない糸(残糸)」が生まれてしまいます。

色鮮やかで、複雑な柄を得意とする宮田織物では、
この残糸が彩り鮮やかに・量はバラバラに残ってしまいます。

odd glove/socks は、この残糸(ざんし)を使用したアップサイクル商品です。
この不揃い感を生かして、1枚1枚の柄が異なる靴下を作りました。
不揃いが故の彩りをお楽しみ下さい。

コラボ企画

[web] オンライン通販サイト

オンライン通販サイトでは、
福岡県筑後市にある工場から直接お届け。
ギフトラッピングなどにも対応致しております。
miyataorimono-website

宮田織物では、下記3店舗のWEBサイトを直営で運営しています。

上記以外のWEBでのショップは、弊社直営ではございません。
偽サイト等の存在のご報告も受けております。弊社直営以外のWEBサイトをご利用の場合は、ご注意下さいませ。詳しくは、こちら

※楽天市場店は、楽天市場の「39ショップ」政策に対応する為に、15,000円以下の商品は、送料込みの上代設定となっております。何卒ご了承下さいませ。詳しくは、こちら

[SHOP] 直営店

店舗は、福岡「博多リバレイン」にございます。
ぜひお近くにお越しの際は、お立ち寄り頂けましたら幸いです。

[メディア掲載] テレビ・新聞・雑誌など

[TV] TNCテレビ西日本「華丸・大吉のなんしようと?」、TBSテレビドラマ「4分間のマリーゴールド」、テレビ朝日「やすらぎの刻 道」等、多くのメディアで放送されています。

[写真館] ご愛用者様のお写真掲載

宮田織物「写真館」では、ご愛用中のお写真を掲載。
随時、お写真をお待ちしております。

[手づくりギャラリー] お客様の力作が多数!

手づくりギャラリーでは、
宮田織物のオリジナルテキスタイル「和木綿」の
はぎれや糸などを使用した作品のお写真を掲載。

第11回 和木綿手づくりコンテスト【結果発表】

今回もたくさんのご応募を頂きまして、ありがとうございました。
応募全作品のお写真掲載および結果発表を行なっております!
ぜひ、ご覧下さい。結果発表ページは、こちらをクリック。

筑後織り/ 久留米縞織 復活プロジェクト

宮田織物は、「久留米縞織 復活プロジェクト」に参加しております。