二枚目の作務衣なら

宮田織物の

宮田織物の作務衣の
一番人気は紬織り作務衣で、

▼紬織り作務衣
http://www.e-miyata.com/item/498.html

作務衣入門として一枚目に
お求めになるお客様が
多いのですが、

今日は、全く私の好みで、
二枚目におすすめしたい
作務衣をご紹介いたします。

それは、こちらです!

▼新文人織り作務衣
https://www.e-miyata.com/item/550.html

なぜこの作務衣をおすすめするか。
「生地が通好みだから。」
それに尽きます。

ですからまずは、生地の
紹介をさせてくださいね。

新文人織り(しんぶんじんおり)
は、宮田織物のオリジナルの
和木綿素材。上質の板締め糸を
ドビー柄で丁寧に織り上げました。

文人とは文事(学問・芸術等)を
重んじ、風雅を好み、詩文等に
秀でる人という意味です。

もともと久留米絣からきたもので
書生さんが好んで着ていたから、
この名前がついたとも言われています。

わざとむらに染めた板締め糸を
ドビー織りにしているので、
かすれたような柄行きと立体感があり、

シニアの方がまとうと若々しさが
引き立ち、若い方がまとうと、
落ち着いた粋さが醸し出されると
いう、不思議な素材でもあります。

少しだけざらりとした生地味も、
肌にとても心地よく感じます。
(さわっていただけないのが
とても残念です。)

お客様からも、こんなお声を
いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
●Minnieさん (大阪府)
大満足です
ドイツ人の彼にプレゼントしました。
細身ですが身長が185cmあるので
LLを選択。上品な生地で仕立ても良く、
長い手足にもちょうど良いサイズで、
何もかもパーフェクト。大喜びで、
しょっちゅう着ています。
商品購入前に、サイズ等をお店に
問い合わせたところ、大変親切な
お返事を頂けたのも、好印象です。
皆さまにもおすすめします。
・・・・・・・・・・・・・・・・

お色は文人、濃紺、茶。
いずれもシックで深みのあるお色。

流行もなく、サイズにも融通が効き、
ご家庭でじゃぶじゃぶ洗えて丈夫。
じっくり長~く付き合える一枚です。

季節を問わず、ご自宅用にも、
ご贈答にも大人気。

一枚目は無地の紬織り作務衣を
お選びいただいたあなた、
二枚目には、通好みのこの一枚、
いかがでしょうか。

▼新文人織り作務衣
https://www.e-miyata.com/item/550.html

宮田織物は他にもたくさんの
種類の和木綿の作務衣があります。
ぜひご覧下さい。

▼作務衣一覧
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼秋色夏作務衣
https://www.e-miyata.com/item/1221.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。