2018年3月

感想文をいただきました

先日、福岡県若者しごとサポート センターさまの主催で、香蘭専門 学校の生徒さん達に会社見学を してもらいました。 ▼香蘭ファッション デザイン専門学校さま工場見学(2018年03月06日) https://plaza.r…

→ 続きを読む

宮田織物の社屋は昭和59年に できました。今年、34年目です。 かなりあちこちが痛んでおり、 床などはその最たるもの。 部分補修を何箇所も繰り返して、 まるでパッチワーク作品(汗)。 この年度末に、やっと床の 張替えを行…

→ 続きを読む

久留米絣ではありません

「久留米絣ではありません」 この言葉の前には 「うちの商品の素材は」 が付きます。 さらに「久留米絣が ルーツのオリジナルの 和木綿(わもめん)です」 と続きますので、 つなげるとこうなります。 「うちの商品の素材は、 …

→ 続きを読む

なぜ一貫生産なのか

宮田織物は、ほぼ一貫生産の ものづくりをしています。 “ほぼ”と付けたのは、糸の染色、 そして生地の風合い加工は、 外部にお願いしているからです。 生地の企画から始まり、その生地を 実際に織る。織った生地で、服の デザイ…

→ 続きを読む

伝統継承

真夜中、春の嵐が吹き荒れた 月曜日、本日の担当はアシガさん。 テーマは「伝統継承」です。 「伝統産業の世界でモノ作りへの 新たな挑戦が展開されている。 京都の西陣織のある老舗は、従来の 和装品に限らず、織物技術を駆使し、…

→ 続きを読む

化繊(かせん)の服も好きなんです

写真は近所のスーパーに下げてあった 可愛らしい「さげもん」です。 福岡県柳川市の風習の吊るし飾りで、 この時期になるとあちこちで出会えます。 このさげもんに出会うと、「ああ、 春になったなあ」と思うのです。 さて写真とは…

→ 続きを読む

三月弥生の服ですよ~らしかGRASS~

今日から三月、いよいよ春本番。 春は英語でSPRING、「ばね」という 意味もありますね。春はなんとなく 「胸がはずむ」から「ばね」なのかも、 などと想像し、勝手に胸はずむ私です。 さて今回は、私らしく居られる服、 そし…

→ 続きを読む