繊研新聞のコラム

繊研新聞のコラム

新年度始めの繊研新聞のコラム、
私は毎年、楽しみにしています。

ざっくり言ってしまえば、
仕事に対する原理原則を、
繊維業界に携わる人に向けて、
愛情溢れる筆致で書かれていて、

原理原則ですから、内容に
そう大きな変化はないし、
それが当たり前だと思って
いたのですが、今年は違いました。

AIについて、かなりの分量が
割かれていたのです。

それだけAIの進歩が大きく、
繊維業界に与える影響も甚大で、
その変化についていかなくては
いけないということだと感じました。

「AIが進歩しても、相手を気遣い、
思う気持ちがある限り、あなたは
ファッションビジネスの主役で
あり続けるのです。

~(中略)~

人を感動させるためのプログラム
など存在しないのです。

~(中略)~

喜ぶ顔を想像することで、心は
つながり、豊かな仕事が
できあがるのです。」

コラムの抜粋です。AIはこれから
どんな進歩を遂げるのでしょうか。
私にはわかりません。

やってきたことを振り返りつつ、
未来をいたずらに恐れず、
相手を思いつつ、目の前のことを、
一所懸命に、丁寧に、やっていく、

さらに、ひとりひとりの力が
チームとなる事で相乗効果を
生み出していく。

その繰り返しが、未来を拓いて
いくのかもしれないと思いました。
頑張ります。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼春爛漫の季節に、作務衣
https://www.e-miyata.com/category/34.html