[半纏] 宮田織物の「わた入れはんてん」の作り方

[半纏] 宮田織物の「わた入れはんてん」の作り方

「わた入れはんてん」ができるまで

わたを入れる工程は、まるでイリュージョンのよう。

あっと驚くようなスピードと手順の良さに、
テレビ取材に来られるほど。

そのスピードと正確な作業は、
熟練したスタッフによるものです。

職人の技が光ります!!どうぞ、ご覧下さい。

1、布地の企画

宮田織物の布地は、専任のテキスタイルデザイナーを中心に、
糸選びから行ない、何度も試し織りを重ね、
デザイン性・色味だけでなく、
風合い・肌ざわりなどまでチェックし、
合格した布地のみを使用します。

出来上がった数多くの布地の中から、
さらにそのシーズンに相応しいものを選び、
製品のデザインを行ないます。

2、デザインの企画

布地の組み合わせ、色の取り合わせを熟考しながら、
何着もサンプルを作ります。

こちらでも、デザイン性だけでなく、実際に着用して、
着心地などにも考慮します。

製品が決定したものは、CADにパターンを入力。
マーキング(型入れ)を行ないます。
デザインした商品が形になるまで、何度も試行錯誤し、風合いや着心地を確かめます

3、裁断から縫製工程

裁断の前に、まず布地を縮絨(しゅくじゅう)機にかけます。

縮絨という作業は、蒸気を当て、布地を前もって縮ませることで、
縮みやすい木綿素材ならではの欠点を補う大切な前工程です。

裁断は、CAMと呼ばれる自動裁断機で正確に行います。

裁断された布地を、組み合わせる縫製作業は、
スタッフが一枚一枚丁寧に縫いあわせていきます。

福岡県筑後市にある自社の工場では、
自動ミシン・特殊ミシンなど、
あわせて百数十台のミシンが動いています。

4、わた入れ工程

ここからが、わたいれはんてんの特徴でもある、
はんてんに「わた」を入れる工程です。

熟練のスタッフが2人1組になり、
一枚一枚丁寧に「わた」を入れていきます。

また、わた入れはんてんの背中部分には、
足しわたをしたりなどの暖かさへのこだわりがあります。

※このわたを入れる作業は、
テレビ・雑誌・ラジオなどでも
取り上げていただいております。

多くの雑誌やテレビで、取り上げて頂きました。
ありがとうございます。

5、とじ工程

熟練したスタッフが、
ひと針ひと針こころを込めて
わたの加減を見ながらとじていきます。

全ての縫い目の幅を同じにせず、
その縫い目の箇所により、
広くとじる・狭くとじるなどといった
職人の技が、やわらかで心地よい着心地へと繋がります。

6、仕上げ・検品・検針工程

最後に、一枚一枚を
人の手と目で細かく確認していきます。
検針器も通しますので、安心してご着用ください。

宮田織物のわた入れはんてん

わた入れ商品のラインナップ

宮田織物のわた入れはんてんは、
表地の種類も豊富にあり、袖の長さや型も様々です。

わた入れ商品のラインナップは、
工場直営オンライン通販サイトでご覧いただけます。

着る人の生活とお好みにあわせ、
お選び頂けましたら幸いです。