受け継ぐ思い。わた入れはんてん

実は、先日より、わた入れはんてんの
「とじ」と呼ばれる重要な工程の研修を受けております。

教えていただく方は、
宮田織物に20年以上勤務され、

わた入れはんてんの要である
わたを入れる工程や、とじの職人である森さん。

森さんは、65歳をこえ、
宮田織物を退職されてからもなお、

内職者として、指導者として、
宮田織物のわた入れを支えて下さっています。

ひと針、ひと針、手作業でとじる「とじ」の工程

今日は、「とじ」の工程ではなく、
森さんが語られた「わた入れはんてん」への思い・・

について、書きたいと思います。

——————————-

宮田織物がある福岡県筑後市は、
久留米絣の生産地としても有名ですが、

久留米はんてんなどという名称で、
わた入れはんてんの生産も盛んな土地です。

正直言って、
宮田織物のわた入れはんてんは、
安い商品ではございません。

もちろん、それには確かな理由があります。

森さんも、よく近所の人から、
「そげん高くて売れるとね~?」と聞かれることも多いそうです。

やはり、海外生産などの
安価な商品なども多く出回っているこの時代。

「安くて、十分。」と考える人も多いです。

また、住宅の性能も上がり、
家がエアコンなどで、昔ほど寒くないという現状もあります。

そんな中で、森さんは、こう続けてありました。

でも、そうやって聞いてくる人は、
うちのはんてんを着たことがない人やんね~。

うちのはんてんは、わたが良い。
わたの質が違う。

もちろん皮(布地)も、全てここの会社で作ってる。
だから、布地もいい。

よそとは、違うんやけどね。

なかなかそれを伝えるのが難しいんやけどね。

そう言いながら、はんてんのとじ方を教えて下さっていました。

はんてんの「とじ」については、
また別の機会にきちんと書きたいと思っているのですが、

「とじ」の作業。

本当に【ひと針、ひと針。】なんです。

私も、わた入れやっこの愛用者なのですが、
あの着心地を作り上げるために、

これほどまでに大変なのか・・という思いで、
わた入れはんてんの「とじ」の作業を学んでおります。

はんてんを一枚仕立てるために、
さまざまな工程がある中で、

その工程の一部である「とじ」

森さんは、宮田織物のはんてんについて
語られる際に、「とじ」については、深く語られませんでしたが、

私は、「とじ」も宮田織物のはんてんの
重要な要素だと思っています。

だからこそ、きちんとした知識と、
職人さんの思いを踏まえた上で、

伝えるということを行なっていきたいと思っております。