[コラボ] 軍手工房×宮田織物

[コラボ] 軍手工房×宮田織物

「テキスタイル」というと、
大きく分けて「織物」と「編物」があります。

宮田織物は社名にもある通り、
「織物」を作っている会社ですが、
織物に使っている糸は、
細かく調整をされた編み機であれば
「編物」にも変身できることが分かりました。

そこで今回は、
織物の製造過程で必ず出てしまう
俗にいう「残糸(ざんし)」を活用して、
糸に新たな命をふきこむ、
ちょっとした企画を進めています。

久留米市の北野町で軍手を作っている(株)イナバさん

協力してくれているのは、
お隣久留米の北野町で軍手を作っている
(株)イナバさんです。

長年に渡る手袋製造の技術を生かして、
宮田織物の細く繊細な糸を使って
手袋を作って頂きました。

織物用で作られた糸なので、
編物にする時の
糸のテンションや手袋の形のバランス
手首の締めつけ感、最終の縫製まで
いろいろとサンプルを作ってやり取りしながら、

イナバさんの高度な技術に
頼りに頼って、甘えに甘えて、
イナバさんとの共同製作第一号ができました。

色はいろいろ
柄もいろいろ

いろんな顔をした手袋が
今たくさん編まれている最中です。

展示会、イベント、店頭での
ノベルティ等で使う予定で、
販売用の商品ではありませんが、
イナバさんともあれやこれやと話しながら、
何か面白い取り組みを続けていければと思っています。

イナバさんの13ゲージの軍手編み機で編んだ軍手は
今回の手袋のサンプルとしてベースにしてきた形ですが、
この軍手は本当にものすごくいいです。

THE軍手のあのごつごつ感や荒さがなくて、
手にしっかりフィットして、伸縮性もしっかりしている。

イナバさんの長年の技術を詰め込んだ軍手でした。

IROTORIDORI

色取り取りな手袋ができました。

数種類の残糸をランダムで編み上げるので
柄や色の出方は様々です。

同じ色の組み合わせの手袋がなかなかないので、
どれとどれを組み合わせるか吟味する時間が楽しい。

まずは、社員の皆で使ってみます。
これも宮田織物のものづくりの一環。

軍手工房.com

イナバさんの通販サイトでその軍手は買えますので
気になる方は「軍手工房.com」で検索してみてください。
さて、次は何を作ってみようか。

宮田織物テキスタイルデザイナー:澤田